老化防止

老化防止

老化の現れ方には個人差があり、一概にどの部分とは言い切れません。ですが、老化は肌や髪、歯に現れることが多く、これは血液が衰えることにより、体内循環が悪化するためです。

老化を防止するには、十分な栄養の摂取や体を冷やさないなど、血液の老化を防ぐことが大切になります。血液の老化は体のしびれやむくみ、痛みなどの原因にもなります。体を冷やすことで血行が悪くなるため、冷やさないように注意が必要です。なるべく温かい食事をとる、マッサージを行うことで冷えを防ぐことができます。カルシウムなどの栄養素は、サプリメントからではなく、食物から摂取するようにします。

また、血行以外の原因として、活性酸素があります。活性酸素は本来、体に害を及ぼす細菌やウィルスの影響を受けないようにするために必要なものですが、過剰にたまることによって老化や病気を引き起こします。そのため、老化防止には「抗酸化物質」が必要になります。

抗酸化物質には、ビタミンCやビタミンE、ビタミンA、ポリフェノール、ベータカロチン、コエンザイムQ10があります。抗酸化物質の摂取以外には、体内に溜まった老廃物を体外へ排出する「デトックス」や、「ホルモン補充」も大切になります。

デトックスには様々あり、食事によって排出する方法、サプリメントの摂取、運動や入浴による発汗などの方法があります。また、体内のホルモンが減少することにより病気にかかりやすくなるため、足りないホルモンを補充することによって、老化を防止することができます。