老化防止

アンチエイシング

アンチエイジングとは、「抗老化」、「抗加齢」という意味で、加齢によって生じる老化現象を、食事や運動などによって予防、改善することを指します。老化の原因は、活性酸素によって体の細胞が参加すること、成長ホルモンやメラトニン、コラーゲンといったホルモンが減少すること、精神的ストレスによって脱力感や気力が減退すること、があります。

手軽にできるアンチエイジング対策として、農薬や食品添加物などの有害物質を避ける、喫煙や過度のアルコールをやめる、ストレスを溜めない、質の良い睡眠を十分にとる、適度な運動を続ける、健康食品やサプリメントを効果的に摂取するなどがあります。人の体は生きている限り、新陳代謝を行い体の傷んだ部分の修復をします。このため、新陳代謝を活発にするためには、質の良い睡眠を十分にとることが大切です。

また、好きなことに没頭する、良好な人間関係を築く、老化に対して、過度の不安感を持たないなど、精神的なアンチエイジング対策も大切になります。特に、好きなことに没頭することは、いくつになっても好奇心と感動する心を持ち続けることができるため、自然とアンチエイジングにつながります。

また、老化に対する過度の不安感はストレスとなり、脱力感や気力の減退につながります。若いころのように体が動かないなど不安感もありますが、過度に心配するよりも前向きにとらえ、明るく毎日を過ごすことに焦点を当てることが大切です。