老化防止

脳の老化防止には、ブドウ糖の摂取と適度な運動が必要です。ブドウ糖などの糖分は脳のエネルギー源の一つですが、加齢に伴い糖尿病が心配になるため、摂取を控えるようになります。そのため、意識障害を起こし、脳の老化を促進させます。

また、年齢を重ねると1回の食事量が減るため、摂取できる栄養量も限られるため、低血糖になりやすくなります。食事の合間にとるおやつに、甘いものを摂るように心がけましょう。また、散歩程度の程度な運動も脳の老化防止には大切です。運動することにより、脳に様々な刺激を与え、活性化させます。

脳の老化は、毎日同じことを繰り返すワンパターンな生活を送ることにも原因があります。「いつもは足から洗っていても、たまには腕から洗う」などの小さな変化も、脳には十分な刺激になります。また、手を使った作業や計算、他人との共同作業も、脳の老化防止につながります。考えること、適度な緊張感を持つこと、他人と関わることが、脳の老化防止に有効です。

脳は人間の体で唯一、成長を続けることができる器官といわれ、大脳辺縁系の海馬の神経細胞は、年を重ねても増えることがわかっています。特に、楽しいことや好きなことをすることで、海馬の神経細胞は増えていきます。

新しい趣味を始めてみる、積極的に人と関わるなどの行為が、脳に活性化を与え、老化を防止することになります。また、わからないことを積極的に調べるなど、好奇心を旺盛にもつことも脳の老化防止には大切です。