老化防止

肌の老化原因は、化粧品や乾燥、皮膚が薄くなる菲薄化があります。特に化粧品には有害物質が多く含まれ、それらを塗ったまま眠ってしまうと、細胞に有害物質が吸収されてしまい、肌組織が破壊されてしまいます。

また、アンチエイジング効果のある化粧品が多く出回っていますが、これらには肌の老化防効果のある成分が配合されています。ですが、効果の現れ方には個人差があり、劇的に若返るわけではありません。肌の老化防止にはバランスの良い食事と適度な運動、規則正しい生活が大切です。

肌老化を防止するための栄養素として、ビタミンやたんぱく質があります。特にビタミンAは活性酸素を除去する働きがあるため、老人性シミや活性酸素が原因となる病気の予防に効果があります。また、十分な睡眠をとり、規則正しい生活を送ることも肌の老化防止には重要です。

肌のしわの原因となる乾燥は、角質層の持つ保湿成分の減少によって起こります。保湿成分の減少は20歳代を過ぎるころから減少し始めます。角質層の水分が減少すると、角質ははがれやすくなり、空間ができることによって、肌は薄く硬くなり、しわができやすくなります。

角質層には、NMFという天然保湿成分があり、その主成分はアミノ酸や尿素が主成分となっています。アミノ酸は汗を乳化することで皮脂膜を形成し、肌表面の水分蒸発を防いでいます。また、女性ホルモンはNMFなどの保湿成分を保持する働きを持っていますが、加齢に伴い女性ホルモンが減少するため、保湿成分が減少して肌の水分が失われます。

また、肌が薄くなることで肌の張りが失われます。これは、肌の真皮層のエラスチンやコラーゲンの減少が原因で、減少することによって新しい細胞を作り出すことができなくなるためです。

肌のためには、アミノ酸や尿素、コラーゲン、ビタミンCの多く含まれる食品や化粧品を有効に使うことが大切です。