老化防止

目の老化には、老眼や緑内障、白内障、加齢黄斑変性などがあります。これらの原因は、参加とメタボリック・シンドローム、紫外線などが考えられます。酸化を防ぐためには、抗酸化物質を食事で摂取するのが効果的といわれます。ブルーベリーに多く含まれる「アントシアニン」は、加齢に伴い体内から減少する成分なので、積極的に摂取することが目の老化予防に効果があります。

また、目の症状には、糖尿病患者にみられる「糖尿病性網膜症」など、何らかの疾病により引き起こされるものもあります。メタボリック・シンドロームを改善し、血糖値や血圧、コレステロール値などに注意することは、目の老化防止に効果があります。

目の細胞は肌細胞と同様、紫外線を浴びることでダメージを受けるといわれます。外出時にはUVカット加工されたサングラスを使用する、つばの広い帽子をかぶるなど、紫外線対策が必要です。

老化原因となる活性酸素は、目の老化も進行させます。活性酸素は、紫外線でも生成されますが、喫煙が大きな要因となります。自身で喫煙しなくても、受動喫煙によって活性酸素は生成されます。また、タバコの煙が目に入ることにより、目の表面にも活性酸素は生成されます。目の老化だけではなく、健康のためにも禁煙は効果があります。

また、老眼は目の水晶体の弾力が低下することによって起こります。水晶体の弾力低下は目の筋力が衰えることが原因となります。目の筋力を鍛えるには、1日に数回、遠くのものと近くのものを交互に眺めると効果があります。