老化防止

精神面

老化は外見だけではなく、精神面でも起こります。精神が健康であるためには、肉体が健康であるために必要不可欠といえます。ストレスを溜めず、笑顔で過ごすことは、精神面での老化防止には欠かせません。

病気から身を守るために、肉体と精神両面での老化防止を行うことが、医学的にも大切といわれます。老化防止ケアを継続して行うことが、肉体の老化防止につながる大切なことです。

精神面のストレスケアには、趣味や好きなことを持つこと、好奇心を持つこと、などがあります。趣味や好きなことを行っているとき、人はストレスから解放されてリラックスした状態になります。「楽しい」と感じることが、ストレスを解消し、活性酸素を減らすのに役立ちます。

また、趣味を続けることで学びたいという意欲が出ます。学ぶことにより、知的好奇心と喜びを得ることができ、脳を活性化させます。脳が活性化することが、老化防止になります。しかし、好奇心が高じてストレスが溜まってしまっては本末転倒です。人より好奇心が強いと思う場合、好奇心のコントロールを心がけましょう。

精神面での老化防止は、精神的にゆとりを持ち、リラックスすることが大切です。ストレスが溜まっていると、肉体面でも精神面でも緊張状態が持続します。ストレスを溜めてしまうと、活性酸素が大量に生成されます。活性酸素が大量に生成されると、体の細胞が変質し、機能を衰えさせてしまいます。そのために老化が早まってしまうこともあるので、ストレスと上手に折り合いをつけることが大切です。