加齢に伴う疾病

動脈硬化

加齢に伴い、内臓や肉体だけではなく、血管も老化現象が起こります。加齢による血管の老化で動脈硬化が起こり、心臓血管障害、脳血管障害などを引き起こします。

血管は加齢によって血管壁を作る細胞が線維化し、血管壁が厚くなります。血管壁が厚くなることによりカルシウムが沈着、石灰化が起こることによって血液が流れにくくなる、弾力性を失い、脆く壊れやすくなる状態をいいます。

動脈硬化には、動脈の弾力性がなくなり、固くなる「細動脈硬化症」と、コレステロールやトリグリセリドが沈着することにより、血管内腔が狭くなる「アテローム硬化症」があります。「細動脈硬化症」は、血管が弾力性を失い、固くなっているため、高い血圧がかかると破裂しやすくなります。「アテローム硬化症」は、血液中の余分なコレステロールやトリグリセリドが血管壁に沈着、アテロームという粥状の塊になって血管を狭くするため、血液の流れが悪くなる、詰まるなどの症状が起こります。

高血圧を促進させる危険因子として、肥満、脂質異常、高血圧、糖尿病があります。多すぎる脂肪が血管壁に沈着することで、アテローム硬化症の原因になります。高血圧は常に高い血圧が血管壁にかかっている状態となるため、脆くなった血管はさらに脆くなります。糖尿病は、多すぎるブドウ糖が血管細胞を傷つけるほか、血糖が高いとコレステロールや中性脂肪も高くなる傾向にあります。

動脈硬化は場所によってさまざまな疾病を引き起こします。心臓の冠状動脈に硬化が現れると、「心筋梗塞」や「狭心症」を、脳動脈に硬化が現れると「脳梗塞」や「脳出血」のほか、「老人性痴呆」を引き起こします。