加齢に伴う疾病

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性とは、目の内側組織の網膜の中心に位置する黄斑組織に変化が起こり、疾病に至るものです。加齢黄斑変性症や加齢性黄斑変性症とも呼ばれます。

加齢黄斑変性にかかると、黄斑細胞の委縮や老廃物が溜まって機能低下や炎症、異常な血管の発生などによる出血が起こります。このため歯科医の中心部が見えづらくなる症状が出ます。

加齢黄斑変性は加齢に伴う変化によって起こる疾病で、高齢者の失明原因となります。網膜に栄養を送る脈絡膜から発生する新生血管の有無によって「滲出型」と「萎縮型」に分類されます。

「滲出型加齢黄斑変性」は、視力に最もかかわりの深い黄斑が悪くなるため、急激な視力低下、中心部暗転などの自覚症状が出ます。病状が進行すると失明する可能性があります。また、片目に病巣がみられた場合、反対の片目にも発症している場合があります。

「萎縮型加齢黄斑変性」は、網膜色素上皮細胞の委縮や網膜色素上皮細胞とぶるっふまくの間に黄白色の物質が溜まるなど、加齢変化が強く表れた状態で、進行は緩やかで視力低下はあまりありません。しかし、新生血管が発生することがあるので、定期的な眼底検査や蛍光眼底検査を行う必要があります。特に片目が「滲出型加齢黄斑変性」になっている場合は注意が必要です。

加齢黄斑変性は、日常の生活習慣が大きく関わっているといわれ、決定的な治療法はないので、早期の発見と、生活習慣の改善で発病のリスクを軽減できます。サングラスをかけて太陽光から目を守る、喫煙を控える、バランスの良い食事をとることが予防には大切になります。