加齢に伴う疾病

男性更年期障害

更年期障害は「女性の病気」というイメージがありますが、男性も更年期障害になります。男性更年期障害は、加齢に伴いテストステロンという男性ホルモンの減少が原因となります。テストステロンは自律神経をコントロールする役割を果たしているため、急激な減少によって自律神経失調症に似た不快感などを覚えます。

男性更年期障害の原因となるテストステロンの減少要因には、加齢、ストレス、運動不足があり、一番大きな要因となるのは、加齢です。男性ホルモンであるテストステロンは、男性を弾性らしくしているホルモンで、体の調子をコントロールする重要な働きを持っています。テストステロンは体内で生成されますが、加齢に伴い生成量が減少しますが、急激に減少した場合、体のホルモンバランスが崩れ、男性の更年期障害が発生します。また、過剰なストレスや運動不足はテストステロン分泌を減少させます。

男性更年期障害の主な症状は、のぼせやほてり、全身倦怠感、動悸、息切れなど、女性にみられる更年期障害の症状のほかに、頻尿や残尿感、陰部の不快感などの泌尿器系、性欲減退や勃起不全(ED)などの性機能症状もあります。また、男性更年期障害は、様々な症状が日替わりで発生します。

男性更年期障害は、「几帳面でまじめ、責任感が強いタイプ」、「もともと男性らしい男性」の人がかかりやすいといわれます。几帳面でまじめな人は、ストレスを自分の中にためやすく、また、「何かをやりたいと思っても行動に起こせない」など、症状自体がストレスとなり、更年期障害の症状を悪化させるという悪循環に陥ることがあります。また、男性らしい男性は、青年期の大量のテストステロン放出状態から、更年期による分泌量減少によって落差が大きくなり、更年期障害の症状が発生します。