加齢に伴う疾病

骨粗鬆症

骨粗鬆症は、骨の生成速度より吸収速度が高いことにより、骨に小さな穴が多発する症状をいい、背中が曲がるなどの骨の変形、痛みが起こります。また、日常生活などの軽度な負荷での骨折の原因となります。

骨粗鬆症の患者数は約1000万人いるといわれ、そのうち約800万人が女性といわれます。女性は男性より骨量が少なく、さらに閉経によってホルモンバランスが大きく変化することで骨量が急激に減少するため、骨粗鬆症の割合が高くなります。男性の骨粗鬆症は、加齢による腸管からのカルシウム吸収力の低下によって起こります。

骨粗鬆症の初期には自覚症状がありませんが、進行するにつれ、腰背部の痛みや骨折、脊柱変形による前傾姿勢や身長低下が起こります。腰背部の痛みは安静時にも表れます。

骨粗鬆症は原因のわからない「原発性骨粗鬆症」と、内分泌疾患や胃切開などが原因で起こる「続発性骨粗鬆症」に分けられます。「原発性骨粗鬆症」は、閉経を迎えた50歳代から70歳代の女性に多く見られる閉経後骨粗鬆症と、70歳代以降の高齢者にみられる老人性骨粗鬆症があります。

骨粗鬆症の予防には、バランスの良い食事とカルシウムの摂取、運動、日光を浴びることが挙げられます。骨密度の減少を抑制するためには、1日800mg以上のカルシウム摂取と、カルシウムの吸収をよくするビタミンDを多く含む食品をとることが大切です。また、屋外での運動は、体内のビタミンD産生を促すことができ、骨に適度な負荷をかけることで骨密度を保つことができます。