加齢と老化

老化の原因

老化の原因には、遺伝子学上の原因と、環境による原因があります。

遺伝子学上の原因としては、「プログラム説」、「エラー説」があり、環境による原因として、「活性酸素」、「成長ホルモンの減少」、「ストレス」があります。

「プログラム説」は、遺伝子DNAに老化プログラムが組み込まれていて、そのプログラムに従い老化が進行するという説で、根拠となるのは、細胞の寿命にあります。遺伝子の末端には、細胞分裂の回数をカウントする部分があり、細胞は決められた回数分裂すると、それ以上の分裂を停止し、寿命を迎えます。これが生命の寿命に関係しているのではないかといわれます。「エラー説」は、紫外線や放射線、化学物質によってDNAが傷つけられ、遺伝子が突然変異を起こしたり、タンパク質の構造にエラーを蓄積し、老化を招くという説です。

「活性酸素」は、体内に侵入した細菌やウィルスを撃退するために白血球から放出される物質ですが、細胞の細胞膜を作る不飽和脂肪酸と結びつくことで酸化し、過酸化脂質となります。この過酸化脂質が体の組織や細胞を壊すことで老化の原因となります。また、活性酸素は、動脈硬化や心筋梗塞、リウマチ、糖尿病などの原因になるといわれます。

「成長ホルモン」は、体を成長させ、組織を再編成する働きを持ちます。古い細胞を除去し、新しい細胞を生み出すために、成長ホルモンは必要となりますが、年齢を重ねることにより、成長ホルモンの分泌量は減少するため、新しい細胞が生まれず、体の組織や器官の機能低下が起こります。

「ストレス」によって免疫力が低下すると、体の抵抗力が弱くなり、病気にかかりやすくなります。また、ストレスによって免疫力が低下することにより、活性酸素に対する抵抗力も弱くなるため、老化が進行します。