老化現象

しわ・たるみ

老化による変化に、しわやシミ、たるみがあります。特に顔面の皮膚老化は、外見上かなり目立ち、場合によっては視野が狭くなるなどの機能的な障害を起こすことがあります。また、「老けて見られるかも」といったマイナスな思考になるため、心理的にも影響が大きくなります。

加齢によって起こる皮膚が変化するのは、シミやくすみ、赤みなどの肌の色、しわやたるみ、乾燥、弾力の低下といった質感、ほくろのような正常細胞とは異なる母斑細胞の増加、角質層の増殖などの組織変化などがあります。

しわやたるみの原因には、加齢によって起こる真皮の弾性の低下、紫外線などの光老化、活性酸素、乾燥、肌の菲薄化があります。真皮の弾性には、コラーゲン(膠原線維)やエラスチン(弾性繊維)がバネのような構造でハリを与えています。このコラーゲンやエラスチンの合成や分解を行う線維芽細胞が老化することにより、真皮の弾力性が低下します。また、タンパク質やアミノ酸、糖が反応しあい、コラーゲンの結合や効果が起こるメイラード反応や活性酸素の攻撃を頻繁に受けることにより、細胞のコラーゲンが劣化、活動が低下し老化が促進されます。

光老化は、紫外線を浴びることにより、肌の張りを保つコラーゲンやエラスチンを破壊する酵素を生成することにより、肌の弾力をなくしてしわやたるみを起こします。また、遺伝子レベルで傷をつけるため、皮膚がんやシミの原因にもなります。紫外線に当たることのほかに、ストレスや喫煙、大気汚染などの環境、脂質の多い食事などを多く摂取することにより、活性酸素を発生させ、皮膚の老化を促進します。

また、加齢に伴い角質の潤いを保つ保湿成分や女性ホルモンの減少のため、角質層表面が乾燥してはがれやすくなる、コラーゲン分泌量の低下や新陳代謝の低下が起こります。このため皮膚が薄く硬くなるため、しわができやすくなります。