老化現象

加齢臭

加齢による体の変化に、加齢臭があります。加齢臭は、中高年の男女に多く発生する独特の体臭で、「ろうそく」や「ブルーチーズ」などに例えられるのが特徴です。

加齢臭の原因となるノネナールという物質は、皮脂腺中のパルミトオレイン酸という脂肪酸と過酸化脂質が結びつくことによって発生します。中高年に多く発生するのは、40歳代になるとパルミトオレイン酸や過酸化物質が増えるためです。特に男性は皮脂腺や汗腺が女性よりも多いため、男性特有のものと思われがちですが、女性にも発生します。

加齢臭は運動や食事などの生活習慣、遺伝などで個人差があるため、特定の年齢になると発生すると断言することはできません。30歳代半ばから40歳代前半が加齢臭が発生し始める年齢といわれ、中高年の約80%が加齢臭を気にしているといわれます。

体臭が薄い人であっても、老化現象として加齢臭を発生するため、周囲の人に感じられるくらいの体臭を発生するようになりますが、自身では気が付きにくいようです。それは、臭いを感じる嗅覚が、目や耳などの器官に比べて疲れやすいことが原因で、数分間同じ臭いをかぎ続けると機能が低下し、臭いに対しての感覚が鈍ることにあります。そのため、体臭や加齢臭に気が付かないことが多いようです。加齢臭は特に皮脂腺が多くお集まりやすい耳の後ろ側から発生しやすいといわれるため、加齢臭の発生を確認するには、枕の臭いをかぐことでわかります。

加齢臭は老化現象であるため予防することはできませんが、食生活や運動などの生活習慣で軽減させることはできます。